お肌のお悩みビューティーケア

1.1K views

急増中!マスク肌荒れ~大切な肌を守るには?~

新型コロナウイルスの急速な感染拡大によって、予防のために、マスクを常に着用することが必要となりました。
これまで一般的だった不織布製のマスクだけでなく、素材や形状がさまざまなマスクが販売されており、なかには肌にやさしい素材を使用したマスクもありますが、やはり肌への負担を感じてしまうという方もいるでしょう。
今回は、急増しているマスクによる肌荒れ・肌トラブルから「大切な肌を守る」方法をお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

マスク着用による肌トラブルとは?

マスク着用によって、以下のような症状に悩まされている方が多くいます。

  • かぶれ
  • 湿疹
  • かゆみ
  • 吹き出物
  • ニキビ
  • 鼻のまわりの赤み
  • ざらつき

では、なぜこのような肌トラブルが起こってしまうのかを検証していきましょう。
マスクの中は皮膚の温度が1~3度上昇しているといわれています。マスクの中で呼気が溜り、高湿度状態となってしまうため、角質内に水分が充満しすぎてしまいます。
(春・夏は湿度2~3度上昇、秋・冬は湿度1~2度上昇)
この場合の角質内の水分充満は保湿とはいえません。肌の「膨潤」といい、皮膚がデリケートな状態になるため、肌荒れが起こりやすくなります。さらに、マスクを外したときに水分が蒸発しやすくなり、本来肌に必要なはずの水分まで失ってしまうことから、乾燥が起こります。
こうして肌本来のバリア機能が低下すると、菌の繁殖などが始まってしまい、肌荒れやニキビといった肌トラブルが起こるのです。

肌には、バリア機能が備わっています。皮膚表面にあるわずか0.02mmの角質層が整っている状態であれば、その役割を果たします。
ところが、長時間マスクを着用する生活によって、皮膚が蒸される・皮膚がふやける・皮膚表面にすき間ができる・菌やホコリが入り込んでしまい、肌の角質層が乱れやすい状態になってしまうのです。さらに、食事での会話中にマスクをあごにかけて会話することで、菌が付着したり、マスクのすき間から入った菌やホコリが付着したりと、より肌に悪い影響を与えてしまいます。

なぜ潤っているはずなのに乾燥肌を招いてしまうの?

マスクを外すと、マスクで皮膚の温度が1~3度上昇していた状態から、一気に水分が蒸発してしまいます。このため、皮膚内の水分までも放出されてしまい、肌が乾燥トラブルを起こす原因となります。
さらに、肌の膨潤によってバリア機能がドンドン失われ、紫外線・菌・ホコリの影響を受けやすくなります。角質層が膨潤したまま水分が消失すると、皮膚表面はアルカリ性に傾き、肌荒れが起こります。
これが、肌荒れのメカニズムです。

マスク生活に備えて新しい「美容意識」を取り入れよう

マスクによる肌トラブルは、以下の通りです。

第1位 肌がかゆい
第2位 肌荒れ
第3位 ニキビ

このような、マスクによる肌トラブルを抱えてしまう方が多くいらっしゃるようです。
今、そんな方々の中で美容への意識が大きく変化しています。

(1)肌を守るためのスキンケア

肌のバリア機能を守るため、より成分にこだわったスキンケアコスメを選ぶ傾向が増加。化学物質や香料を多く含まない、オーガニックコスメが注目されています。

(2)コスメは保湿重視で選ぶ

ヒアルロン酸など肌を潤す成分のスキンケアを求める方が多くなりました。保湿がより持続するものが人気です。

マスクに負けない肌を作る!ヒアロビューティーマイクロパッチのお得な定期便をご紹介

太陽のアロエ社「ヒアロビューティーマイクロパッチ」は、特殊な製法によりニードル状に固めたヒアルロン酸が肌の水分で溶けだすことで、肌のうるおいを保ち、乾燥から肌守を守ってくれるスキンケアアイテムです。
ご好評につき、この度お得な定期便コースをご用意いたしました。初回は、ヒアロビューティーマイクロパッチ3枚に加えて、「ヒアルロン酸原液10mL」をプレゼントしております!
マスクで乾燥しがちな口元や、マスクのこすれが気になる目の下を、ヒアルロン酸の鍼の力で守りましょう。

今回は、急増しているマスクによる肌荒れ・肌トラブルから「大切な肌を守る」方法をお伝えしてきました。
今後も、新型コロナウイルスやインフルエンザの予防の観点からマスクの着用はさらに欠かせないものとなるでしょう。
連日のように感染者数を知らせるニュースや街を行き交う人の減少に、「コロナ鬱」など、気持ちが沈んでしまうこともあるかと思います。気分が滅入ってしまうときほど、心と体が喜ぶことを生活のなかに取り入れましょう。
女性にとって、自分の肌を念入りにケアする時間は大切なもの。あまり積極的に外出できない機会だからこそ、肌のお手入れに時間をかけて「自分を幸せにするための時間」を過ごしていただければと思います。
1日も早い新型コロナウイルス(COVID-19)の収束と、今、治療をされている患者様のご回復を心よりお祈り申し上げます。